中川式ストレッチ

中川式ストレッチで坐骨神経痛治療

腰椎の5つ出ている坐骨神経が、何らかの原因で圧迫されることで腰痛や痺れといった症状として出ます。
そもそもは腰痛の前腕が増強されたり、湾曲が不足することで圧迫が生じて坐骨神経痛を引き起こすのです。

坐骨神経痛は太ももからふくらはぎなどを含む腰回りから骨盤、足の先端までを含む箇所の神経痛を指すので、その症状の範囲は広くに及びます。
腰の痛み、足の痛みや痺れ、長時間座っていることができない痛み、痛みのために歩行が難しいなど実に症状が広いのです。そのために医者で診断してもらっても、椎間板ヘルニアだったり脊柱管狭窄症だったりと様々です。

中川式腰痛治療法では、このような症状にそれぞれ対応できるように実践していきます。しかし、自分がどのような症状にあるのか?そしてその原因はどれに当てはまるか?を予め理解したほうが、より効果は着実なものになるでしょう。



b2.gif



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。